サッカーを通して世の中を見るブログ
サッカーって世界共通のスポーツですよね。それならサッカーを通して世界を見ればなにか見えてくるのではないかと思い、ニュースを集めてみました。なにか見えてきましたか?
最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト

スポンサード リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べシクタシュが勝利で悪い流れを断ち切る

スポンサード リンク


 トルコリーグ第8節が7日に行われ、べシクタシュはホームにゲンチレルビルリィを迎えて1-0で勝利した。
 攻めてチャンスを作りながらもゴールが奪えなかったチャンピオンズリーグのポルト戦。この流れはこの試合も続いた。細かいパスをつないで圧倒的に攻め込んだべシクタシュは、前半11分、15分、38分と決定的なチャンスを作り出したが、ゴールを奪うことができなかった。
 だが、ゴールは意外な形で生まれた。前半ロスタイム、ロングスローからペナルティーエリア内に混乱が起こり、FWノブレがヒールキックで1-0とした。このゴールは前半の多くのチャンスの中で最も難しい形のものだった。サーラム監督も「多くのチャンスを作り出したが、奪ったのはひとつの難しいゴールだけだった。3つ、4つのチャンスでより簡単にゴールを奪うことができたかもしれない」と嘆いたように、ポルト戦同様の決定力不足を露呈した前半だった。

 後半に入ると、ベシクタシュのペースが落ちる。パスサッカーがべシクタシュの基本だが、パス回しにこだわり過ぎて、そこからミスを犯し相手にボールを奪われた。運動量があるうちはうまくパスがつながるが、落ちたときにはパスがつながらず、自滅して自らペースを手放した。こうした自滅は今シーズン多く見られ、今後の課題といえる。試合は最後まで集中力を切らさず無失点で抑えたベシクタシュが、1-0のまま逃げ切った。

 今節は首位ガラタサライ、2位スィワススポル、そして今後ライバルになるであろうフェネルバフチェがそれぞれ引き分けた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://soccer114.blog121.fc2.com/tb.php/62-0b4ce9cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。